woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini

 

 

 

 

 

 

 

 

坂本俊之 店長

私の息子が高校に入りバイクに興味をもちはじめたときに、バイクは危険なので4ミニバイクでなんとか満足してもらえないかという想いで、私自身もよく知らなかった4ミニを息子にすすめてみました。

最初は2人で一緒にいろいろいじりながらカスタムしていたのですが、いつしかすすめていた私の方が4ミニの魅力にとりつかれてしまい、気づいたら、APEのカスタム、レプリカの製造にとことんこだわるようになっていました。

そして今ではすべてを捧げるほどになってしまったというのが本当のところです(笑。

お陰様でAPEカスタム専門店が造った4ミニは4年間で日本一に3度も輝くことができました。よりリアルなもの(本物のバイクと究極的におなじもの)を追求していくのが私達のスタイルですがそれが評価された形となりました。

「なんでこんなところ(細かい部分)までこだわっているの?」「頭おかしいんじゃないの?」と驚かれながら言われることが多くありますが、そのときが一番喜びを感じるときでもあります。これからも、レプリカ製造の過程で培った技術で、お客様に心から120%満足していただけるカスタムをお届けしてまいります。

また4ミニの世界はアットホームな雰囲気で敷居が低く誰でもすぐにはじめられて楽しむことができる世界です。気の合う仲間もどんどん増えていきます。こういうポジティブな世界を4ミニカスタムの更なる発展とともに広めていけたらと願っています。今後ともAPEカスタム専門店をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋山稔 技術加工担当

私はバイクが好きで昔からのバイク乗りだったのですが、正直4ミニには関心があまりありませんでした。大きい方がいいに決まっているし4ミニは原付の小さなバイクというくらいにしか考えていなかったのです。

坂本店長から一度やってみないかと言われたときも実はあまり乗り気じゃなかったんですね。しかし試しにいじりはじめたのがきっかけとなり、4ミニカスタムのもっている熱にすぐにとりつかれてしまったというのが真実です。

私は技術加工担当として主にレプリカ中心にやっておりますが、実はこのレプリカというのは、4ミニで造る場合、バランス感覚がすごく重要になってきます。そして、そのバランス感覚というのは、実際に本物の大型バイクに乗ってそのバイクのもっている本質みたいなものをおさえていないと磨かれないものなんですね。

私達が造るレプリカが他の方達の造ったものと違うとすればそんなところに理由があるのではないでしょうか。

今までAPEカスタム専門店は常に新しいこと、業界初の技術に挑戦してやってきました。これからも1歩先の新たなものに取り組んでまいります。ご期待下さい!


 


woodpecker-mini