woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini

woodpecker-mini
woodpecker-mini
woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini woodpecker-mini

APE50改、エンジン124CC

CB750Kレプリカコンプリート
塗装 キャンディーオレンジのラメ仕様

新型APE50 ノーマル使用

塗装 キャンディーレッド

ビキニカウル コミネオート製

1970年代ロードペガサスのカウリングを忠実に再現

スカイライン・ケンメリ・GTRと並べて撮影!

クルマの大きさと比べるとサイズがよく分かる!

クオリティーも大型と見分けがつかない

右側も左側もダブルディスク仕様

4本マフラーは本物 HM300をモチーフにしている見えないところまで忠実に作りこみをおこなっている。

 

4ミニ初 マフラーを止める金具(フランジ)も再現マフラーにはさらにメッキをかけている。

13インチスポークホイール リムは図面から書き起こしている
アルミの鍛造から削り出し
スポーク部分をワンオフしてもらいCB50ハブで使用することによりフロント3J、リヤ3.5Jを完成

シリンダーヘッド部分を忠実に再現

シートはコミネオート製のサーフィットシート

ナンバープレートは1970年代を意識した仕上がりにするため

ナンバーもヴィンテージの質感を表現

ちなみにテールランプはCB750K0の実物を採用

燃料タンク CB750Kタイプに製作

ノーマルタンクの上にタンクカバーを被せるタイプ

カフェフェンダー(現在はとんがりフェンダー)割れやすい

 

それをあえて作った

 

フェンダーを止めるバンドを使用することによって割れやすさを再現

 

13インチ3JのハブがCB50改Wディスク仕様

 

ちなみにディスクもCB50用を流用 

キタコ製アウターチューブを4センチショート加工しブレーキキャリパーをCBらしく前置きに

 

ちなみにダブルディスク仕様

ステアリングダンパーは大型の旧車によく使われているJMC製を使用

ディスク部分をトレンチカット加工してみました!!

クラッチカバーにポリッシュ(鏡面加工)をほどこしている

 

APEエンジン特有の痩せた感じにボリュームを出すために

 

メッキフィンカバーを取り付けている 4ミニの世界で初

バックステップ 油圧式でなくワイヤー式のものにつくりこまれている

大型のバックステップからヒント

城東川崎・BEETから販売されていたものをヒントにしている

スポークホイールCB50用ハブを使って13インチのスポークホイール作成

 

リヤホイール3.5Jのためチェーンがタイヤと緩衝しないようにセンターをオフセット済み 

リヤフェンダーFRPフェンダーに変更 ツインショック化に変更

CB175プラスティック製メーター インジケーターはK4用

ハンドルはノーマル風でなくコンチネンタルハンドルで若干低めを採用

レーシーにしている

大型用CB・Z2用に販売されていたコミネサーフィットシートをAPE100シートベースに合うように製作
今はほとんど見かけないようになった大型用当時ものネット50万で購入

サイドカバーオリジナルAPEに合うように作り込むK0仕様

ライトステーに反射板(リフレクター)がつくように加工している

 

K0、K1ボディペイント同色仕様

 

K2からK7メッキが施されている

これだけ見るとCB750Kにしか見えない

サイレンサー縦ピン 覗き込んではじめてわかる

 

マフラーとマフラーのつなぎジョイントにこだわり本物再現


woodpecker-mini